中古トラック販売の上野自動車 TOPページ > コラム > クレーン付きトラックの強みと購入のポイントについて

クレーン付きトラックの強みと購入のポイントについて

クレーン付きトラックの強みについて


クレーン付きトラックとはその名の通りトラックの機能に加えてクレーンが付いているタイプのことを言います。実際に多くの現場で活躍をしており、使用されている数も多いです。色々な機能が付いていることもあって様々な強みがあります。ここではどんな強みを持っているのかについて紹介します。
まず、1つ目の強みは人力では持ち上げられない重たい荷物でも簡単に荷上げ、荷下ろしが可能です。具体的に鉄やコンクリートを人力で運ぼうと思うとかなりの人数が必要です。特に大きければ大きいほど人数が必要になりますが、クレーン付きであれば軽々持ち上げることができます。特に建設現場では必要不可欠となる機能です。
続いて2つ目の強みはアウトリガーというトラックと一体型になっている脚があることでタイヤに負担がかかることはないです。通常の車には付いていないアウトリガーですが、これがあることで直接地面に接地させてタイヤを浮かせられます。タイヤに負担がかからないので、安全に作業ができます。このように、クレーン付きのトラックについて説明しましたが、通常のタイプとは違い特殊なので、基本的に特殊用途車両にあたる8ナンバーを付けるのが一般的です。建設現場などで効率よく作業を進めたい場合には購入しても損をすることはないでしょう。

購入する際にチェックしたいポイントとは?


クレーン付きのトラックと一言で言っても様々な種類が存在しています。そのため、購入する際には見ておきたいポイントもいくつか存在しています。ここでは具体的にチェックすべきポイントについて紹介します。
まず1つ目は無線操縦装置の有無について確認をしましょう。車両から離れずに作業をする場合には有線コントローラーが付いているので必要ありませんが、例えば離れた位置から操作したいという場合には無線操縦装置が必要です。特に離れた位置から操作をする場合には、その有無について確認をした方がいいです。必要ない場合には相場よりも安く買える場合があります。用途に応じてチェックはするようにしましょう。
続いて2つ目にチェックしておきたいのがアウトリガーです。これがあるとクレーンを伸ばして重たい鉄などを運ぶときに便利ですが、アウトリガーにも種類があります。具体的に説明しますが、リアアウトリガーは後ろにもアウトリガーが付いているタイプで、よりクレーン車が安定するため重量物を運ぶ作業をする時には最適です。様々なシーンで活用できるので、特に頻繁に重たいものを運ぶ場合には購入を検討した方がいいでしょう。また、差し違いアウトリガーも存在しています。これはジャッキの底が四角い形をしており、リアアウトリガーほどではありませんが安定性が高いです。スタンダードなタイプで使い勝手がいいので、中古でも多く販売されています。一般的な作業なら差し違いアウトリガーを選択するといいでしょう。その他にもハイアウトリガーが存在しています。これはハイジャッキとも呼ばれており、一般的なアウトリガーに比べると長さがあります。長さがあるので、車体を高く上げられることが強みです。ハイアウトリガータイプは、重機などを運搬する必要がある場合に使います。重機などを頻繁に動かす場合はハイアウトリガータイプを購入すると役立ちます。
そして3つ目はブームの階段についても確認しましょう。これはクレーンの長さのことを言いますが、段数が多ければ多いほど長く伸びます。どれだけ高い作業をするかによって必要な段数が異なるので、事前にチェックした方がいいポイントです。このように、選ぶときにはいくつかチェックしなければならないポイントがあります。購入の際に失敗しないためにも細かく見ておきましょう。

クレーン付きトラックに乗れる人とは?


クレーン付きトラックは誰でも運転できるわけではありません。技術なども必要になるので、事前に資格についてはチェックしておきましょう。基本的に吊り上げ荷重によって必要に応じた免許も異なります。まず、クレーンの作業のみだと、大きく分けて3つの免許があります。
まず1つ目は吊り上げ荷重が5t以上の場合、移動式クレーン運転士免許が必要です。続いて2つ目は吊り上げ荷重が1t以上5t未満の場合ですが、これは小型移動式クレーン運転技能講習が必要です。その他にも3つ目は吊り上げ荷重が0.5t以上1t未満の場合は小型移動式クレーンの運転業務に関わる特別教育が必要です。免許が必要になるのは基本的に吊り上げ荷重5t以上ある場合のみです。他は教育などが必要になり、該当資格のみで作業ができます。
これまで説明したのはあくまでもクレーンを操縦する際だけです。運転をする場合には普通免許、中型免許、大型免許が状況に応じて必要です。運転もするならトラックの免許は必須なので、取得すると無事に運転もできるようになります。

次の記事へ

中古トラックなら上野自動車TOP

Copyright © 2004 - 2016 中古トラックの上野自動車㈱, All rights reserved.