中古トラック販売の上野自動車 TOPページ > コラム > トラックの事故車でも買取りのチャンスはある

トラックの事故車でも買取りのチャンスはある

乗用車とは異なるトラックの価値


車両を手放すことを考えた場合、買取してもらいたいと考える方も少なくありません。新車を購入して下取りに出すこともその選択の一つといえるでしょう。しかし、事故車となると、簡単にはいきません。需要と供給の問題があり、事故車を手にしたいという人がいないことから、買取が難しいこともあります。当然のことではありますが、購入する人がいなければ、買取も非常に低価格になってしまいます。これはトラックでも同様な部分を持っています。しかし、事故車でも需要があることがあるため、買取を最初から諦める必要はありません。
年式の古いものも出てくるのがトラックですが、実際にほとんど買取されないような事故車であっても価値が付きます。まったく動かないようなものであっても価値がつくことがあるため、ここが普通の車との大きな違いです。この場合の需要では、なにも動かない車が売れてしまうというわけではありません。これは乗用車と何ら変わらないことです。しかし、明確な理由が存在するというところに違いが隠れています。
トラックという車両は、非常に高額です。新車で購入すると、驚くほど高くなってしまいます。中古市場が盛況なのは、古くても丈夫につくられているからであり、耐久性が重視されているからです。そこで、動かないようなもの、事故車であっても修理して稼働できるような状態にできれば、十分販売できる価値があるということになります。

事故車であっても大きな価値が出る理由


ここで疑問が発生するはずです。修理や修繕といっても、多額の費用が発生することがあるためです。しかし、新車の価格にもかかわってきますが、事故車でも修理したほうがはるかに安上がりであることが多いです。もともとフレーム構造で強固につくられているトラックは、修理もしやすくつくられています。需要もあることから、修理して再販するほうが利益を出すことができるといえるでしょう。
また、中古市場が盛況であることで、さまざまな装備を施している車両が存在しています。そのため、仮に全く修理ができないようなもの、コスト的に問題が出るものであっても、パーツを取って利用するという方法が有効です。汎用性の高いトラックだからこそ、パーツ一つ一つの価値が高いです。どんなに状態が悪くても、一定の価値を有するということは、こうした背景があるということになるでしょう。
さらに、壊れにくく丈夫であることが、日本以外にも需要を生み出している要因となっています。日本で売れることがなくても、海外であれば、少々の問題があろうとも、まだまだ現役であることがあります。日本製のトラックの信用は驚くほど高く、発展途上国では、走行距離なども問わずに使われています。日本で必要がないとされるような車も、海外では驚くほど利用されていることが重要です。買取したいという需要も多く、海外へ売却することで大きな利益を上げているところも少なくありません。それほどの需要があるからこそ、事故車であっても買取をすることができるようになっています。
トラックには、非常に多くの金属が使われています。これが海外への輸出にもつながっていますが、そのままではなくマテリアルリサイクルも進んでいるところも重要です。金属としての再利用も進められているのは、日本国内よりも海外のほうが多く、それだけ買取が進んでいるポイントになっています。

価値を理解してくれるところに


どこでも多くの価値を生み出してくるトラックですが、ディーラーなどで下取りに出してもその価値を生かしません。なぜならば、新車を売るのが仕事であり、中古車を販売するのが仕事ではないためです。車両を販売するために、事故車の買取をするのは得策ではないため、買取をしたとしても、非常に低価格にしなければいけません。それを系列店などに卸したりすることはありますが、そこでもマージンが発生してしまうことになるのは、不利にしか働かないでしょう。
専門の中古車販売店の場合、整備する施設も整っています。それだけの販売チャンネルも持っているところも違いとなってくるでしょう。断られてしまうような状態であっても、利用方法を考えていくことができます。買取査定いうことに関しても、自社の販売チャンネルがあれば、余計なマージンを発生させる必要がありません。それだけチャンスが存在し、活用できるようになります。
トラックの需要で考えた場合、通常の乗用車と異なることが多く、顧客もまったく別です。専門の販売店に買いにいくことになるのですから、流通がまったく別といえます。だからこそ、買取でも、こうした販売店に売却することを考えていかなければいけません。
実際にトラックは高額な資産です。中古で購入しても安いものではありませんし、壊れてしまっても高い価値があります。そのため、少しでも価値を見いだしてくれるところに売却することがポイントになるでしょう。

次の記事へ

中古トラックなら上野自動車TOP

Copyright © 2004 - 2016 中古トラックの上野自動車㈱, All rights reserved.