中古トラック販売の上野自動車 TOPページ > コラム > トラックも新古車がお勧め!購入ポイントは?

トラックも新古車がお勧め!購入ポイントは?


トラックなどにもある新古車、これはどういう車?



車を購入する場合、新車で購入される方もいますし、中古で購入する方もいます。仕事で利用するトラックなどの場合、新車ではなく程度のいい中古品が欲しいと思う業者さんも少なくありません。自家用で乗る車の場合、普段の足として利用する、家族と一緒にお出かけするときに利用するということもありますが、ある程度、自分の趣味、好みが反映されます。勿論、動けばいい、足になればいいという考え方の方もいますが、多くの方がこういう車に乗りたいという気持ちを持っています。

仕事で利用するトラックなどの場合、長持ちしてくれて費用が安い方がいいということで、中古車を選ぶこともありますが、新古車があればそれがいいと狙っている方も少なくありません。新古車というのは未使用車で、中古車でも新車でもなく、ナンバー登録したのみで、誰も使用していない車です。ディーラーが試乗用に利用している車をこう呼ぶこともありますが、通常、登録しただけで走行距離についても販売店への移動距離のみなので、ほぼ新車といっていい状態です。

市場に新古として登場する車の多くが、ディーラーがノルマのために登録したという車で、新車でナンバー登録してもだれか使用する人、つまり買う人がいない状態であれば車両販売業者に卸すとき、新古という状態になります。トラックなどでもこうした未使用車があるので、購入される方はこうした車があるとチャンスとばかりに即購入しようとしますが、未使用とは言っても新古だからこそ何かあった場合に、保障等してくれない、クレームを受け付けてくれないということもあるので、購入する際のポイントを理解しておく必要があります。安く買えるということでトラックなど特に値がはる車についてすぐに手を付けたくなりますが、長く利用できる車を購入するためにもポイントをしっかり理解しておきましょう。



未使用車という記載でもチェックしたいことがある



新古の車でもメーカーから販売店、そしてお客さんという販売の流れは同じです。登録したのみで販売店への異動の差に少し走る事があるくらいなので、走行距離もほとんどなく、中古を買うよりも新車とほぼ同じ状態なので、トラックを買いたいと思っている人からしても乗用車を買いたいと思っている人からしても魅力的です。

しかし、車の状態が新車同様でも、新車とは決定的な違いがあるということを理解しておかなければなりません。まず、あくまでも新古でその方が乗るために登録をした車ではなく、既に登録されている車だということ、そして、新車納入とならないので傷、内装などにもし汚れや傷があるということでも、クレームとして受けてくれません。これはしっかり覚えておきたいポイントです。メーカーからお客さんの手元に納車されるまでの間に、車に傷がつくというリスクが全くないことはなく、利用する場所が登録の陸運局ではなく、ナンバーが変わるとなれば陸運局への持ち込みが必要ということもあります。この時に傷がつくこともありますし、汚れが付くということも考えられます。

新車の場合、こうした汚れ、傷などについてクレーム対象となりますし、実際、販売店もクレームを受けてくれることになります。しかし新古車の場合、かなりひどい傷、買う時に相手が承知していない大きな傷がついた、汚れがついてしまったということを除き、あくまでも「新車ではないので」といわれてしまうことが多いのです。購入の際にも新車ではなく新古なのだということをポイントに、車内などを確認する、傷などの様子を見てから判断する方が安心です。



購入の前に展示車両ならチェックしておくポイントも多数ある



新古車の場合、展示車だったということも考えられるので、その場合、色々な人が乗る事もありますし、お子さんが乗るということもあります。ショールームを持っている販売店やディーラーでは、ショールームにナンバーの展示用の車を用意して、内部などを確認し、実際にお客様がシートに座り、内装、装備などをみることができるようになっています。

こうした展示がされている車についても、新古車という状態で販売されることがあり、実際、こうした展示車両を狙っている人も少なくありません。売り物ということでお客さんも気を使っていると思いますが、子どもがおもちゃを持ったままのってひっかいたり、様々な場所をさわり、開けたりして傷がついたりしているということもあります。

また新古の場合、一般的に新車からそれほど長い期間がたっていないと思っている方も少なくありませんが、新古の中には初年度登録された際に生産されすぐに販売店に届くということに限らず、半年以上展示車両として利用されていて、新規登録をついこの間しただけという車もあります。そのため、内装や外装の傷のチェック、汚れのチェックと共に、知っておくべきポイントとして、登録に関してのチェックをしておくということも重要な事です。

仕事に利用するトラックなど商用車的な車の場合、型落ちでもいいと思う人が多いですが、新古車は型落ちも多いのでこれもチェックポイントです。展示期間がありその後新古として売っているという車は、新車の仕様とどんなところが変わったのか?それもチェックしておくべきポイントです。型が変わってもあまり変わらないという車もありますが、かなり違いがあるということもあります。

次の記事へ

中古トラックなら上野自動車TOP

Copyright © 2004 - 2016 中古トラックの上野自動車㈱, All rights reserved.