中古トラック販売の上野自動車 TOPページ > コラム > トラックをレンタルして利用することができる

トラックをレンタルして利用することができる

トラックのレンタル


トラックをレンタルするというサービスがあります。レンタカーのサービスは流行っているのですが、その中でも特にトラックを利用したいという方もいます。そのため、そのような需要に応えたサービスが登場しています。
各種車両を用意しているため、その中から自分が利用したい車両を選ぶことができます。用途としては、例えば大きな荷物を運びたいという方はたくさんいます。引越しをする際には業者を利用するよりもレンタカーを利用して、荷台にどんどん荷物を載せて運ぶ方が安上がりになるケースが多いです。人手を準備することができるならば、こちらの方が費用をかなり抑えることが可能でしょう。また、引越し以外でも大きな荷物を運ばなければいけないというケースは少なくありません。そんなときに普通の車両では運ぶのが難しかったとしても、トラックならば問題なく荷物を運べるのです。あるいは商用利用をするという方もいるでしょう。
中には箱付きボディのある車両も用意されています。こちらの場合は雨の日であっても荷物が濡れないというメリットがあるのです。ただし、こちらの場合は普通の車両よりもレンタルの料金が高くなっているため、注意しましょう。また、車両によっては特別な免許がないと運転できないケースがあります。中型免許が必要となることがあるのです。また、普通の車両であってもマニュアルしか用意されていないこともあるため注意が必要です。
料金については時間制となっていることが多いです。6時間や12時間、あるいは24時間ずっと借り続けることもできます。延長をすることもできるため、便利に活用することが可能です。これからもどんどん利用者を増やしていくことが可能で、幅広い用途に利用できます。

借りるまでの流れ


これからトラックをレンタルしたい場合の流れについて紹介します。まずはそのお店のホームページをチェックしてみましょう。そうすればそのお店で扱っている車種が表示されます。その中から自分の借りたいものを選ぶことになるのです。平ボディの車からクレーン付きの車、他にもいろいろなタイプの車が揃っているでしょう。商用車から普通乗用車、軽自動車まで揃っています。選ぶ際には自分の持っている免許で運転できるのかをきちんと確認しておきましょう。
借りてみたい車を見つけたならば、実際に問い合わせや予約をしてみましょう。基本的には電話やFAXによってやり取りをすることになります。申込みの電話をかけてファックス番号を伝えると、FAXによって契約書が送られてくるのです。そこに必要事項を記入してFAXを返送しましょう。そこで予約状況や契約書の内容に問題がなければすぐに予約が成立するのです。仮予約をしておくこともできるのですが、この場合は予約金を徴収されることがあるため注意しましょう。
実際にレンタカーを利用するためには運転免許証を提示しなければいけません。中型免許が必要な車種の場合は特に注意しましょう。免許の種類によって運転できる車種に制限があるのです。レンタルをする際には料金や期間についてきちんと確認しておきましょう。車を受け取った日から返却するまでの日までがレンタル期間となっています。基本的に料金は前払い制となっています。早めに返したとしても払い戻しはないため注意しましょう。また、延長をすることもできるのですが、その場合は早めに連絡しておきましょう。

注意点について


実際にトラックをレンタルする場合の注意点を説明しましょう。まず実際に運転をする前にきちんと取扱説明書を確認しておきましょう。そして、正しい使い方を守りましょう。利用者はきちんと使用保管する義務があるのです。無断で他の人に貸与したり、交付することはできません。万が一車両に破損や故障が発生したならば、そのことをすぐに伝えましょう。また、自分の不注意によって事故を起こしてしまったり、盗難や紛失した場合には実費を申し受けられる可能性があります。また、万が一車両が故障してしまい損失が発生したとしても、その責任を業者が負うということは基本的にありません。
放置車両には注意しましょう。それは違法駐車と判断されてしまう可能性があるためです。放置車両というのは運転者が近くにはいないためにすぐに運転することができない状態のことをいいます。停止時間やエンジンを止めているかどうかといったことは一切関係ないため注意しましょう。レンタカーとしてレンタルしている車両が違法駐車と判断されてしまうととても面倒なことになってしまいます。
基本的には多くの業者ではさまざまな補償を用意していることが多いです。そちらについてチェックしておきましょう。例えば対人賠償や対物賠償などについて保険金が給付されるようになっています。盗難被害にあったり、万が一事故を起こした場合の対応についても細かく決められてるのでそちらをきちんと確認しておきましょう。
車をレンタルするということは、さまざまな責任があるため、その点はしっかりと意識しておきましょう。

次の記事へ

中古トラックなら上野自動車TOP

Copyright © 2004 - 2016 中古トラックの上野自動車㈱, All rights reserved.