中古トラック販売の上野自動車 TOPページ > コラム > ドライバーの現状と将来性について

ドライバーの現状と将来性について

ドライバーの求職事情


ドライバーの仕事と一言で言っても多くの種類があります。例えばバス、タクシー、トラックなど種類は様々です。では、ドライバーの仕事に対して世間が持っているイメージとしてはどんなものがあるのでしょうか。
まず、多くの方が思っていることの一つにドライバーはつらい仕事であるというイメージを挙げることができます。過酷な労働環境であり、その割には給料が低いと思っている方もいます。しかし、これは就職をする会社によっても異なります。確かに中には待遇面がしっかりとしておらず割に合わないと辞めてしまう人たちもいますが、近年ではこれでは良くないと運転手の労働環境が整ってきています。特にドライバーの待遇面や休養などをしっかりとさせるようになった理由としては、高速道路を走行中のバスが居眠り運転で重大な事故を引き起こしてしまったことです。また、それも1件だけではなく何件も事故を引き起こしています。人の命を背負って運転している人たちが事故を引き起こしてしまうと世間の目も厳しくなってしまいます。そこでバス会社は今では色々と改善をしていますが、バス会社だけではなく運送会社やタクシー会社も影響を受け労働環境の見直しをしています。
また、運送業界ではドライバーの高齢化が進んでいることを知らない人もいるでしょう。若い人たちはトラックを運転したいと思う人が減っています。実際に20代の運転手はとても少なく、50代や60代といった年齢の方が多いと言われています。通常のデスクワークと比べると活躍している年齢層は真逆です。特に少し前までは若い運転手はほとんどいませんでした。しかし、最近では労働環境や待遇が見直されてきているので、給料がたくさんもらえたり、休みもしっかりとあるなどメリットが多いところもあります。その影響でドライバーとして働きたいと言う若者が増えています。
このように、少し前に比べると若者のトラックの運転手への見方が変わってきています。これからもなくなることがない職業ですから若者に背負ってもらいたいと思っている方も多いでしょう。

トラックの運転手ってどんな仕事!?資格などは必要?


近年では若者もトラックの運転手として働きたいという人が増えています。しかし、働きたいと言ってもあまりトラックの運転手の仕事のことを知らない方も多いです。まずはどんな仕事なのかを知ることが大切です。そこで、ここでは具体的に説明します。
まずトラックの運転をするために資格はいるのかと思っている人もいますが、トラックを運転するには中型や大型の免許が必要です。特に大きなトラックを運転したい場合や、運転する機会がありそうな場合は大型免許をとっておいた方がいいでしょう。普通自動車とは違い運送業で活躍するなら必要不可欠な資格となるのでチェックしておく必要があります。
続いて仕事内容について説明をしますが、これはそれぞれ就職をする会社によって異なります。基本的には荷物を運送することが多く、荷下ろしなどをすることもあります。仕事内容はそれぞれ会社によって異なり、万が一やっていけないと思った場合は転職はできるのか気になっている方もいますが、多職種からも同職種からも転職がしやすい環境です。全体的にみると人手不足であるので、免許を持ち、やる気をしっかりと持っていれば転職もすることができるでしょう。また、トラックの運転は60歳を過ぎても続けることが可能です。年齢によって制限されるという事はないので、定年後も安定して働ける職業ではあります。
このように、ドライバーの仕事について紹介をしましたが、全体的に人気度も高くなっている職業です。また、初心者の方でもしっかりと免許を取得すればできない仕事ではないので、少しでも興味があるなら運送業の道に進んでみるのを検討してみると良いでしょう。

安心して働ける職場を探すことが大切!


ドライバーとしてこれから働きたいと思っている人は多いかと思いますが、様々な職場があるので求人の探し方は大切です。そこで、ここでは後悔をしない求人の探し方について紹介します。
まず1つ目に大切なポイントとしては休暇制度がしっかりとしているかどうかです。トラックはものによっては2トンや4トンなど大型を運転する時もあります。安心して運転をするためにも休暇制度がしっかりとしているところを選んだ方が良いでしょう。人手不足から毎日のように働いている職場もあります。こういったところでは疲労から事故を引き起こす可能性もあるので注意が必要です。
続いて福利厚生の面も時間をかけてじっくりと調べる必要があります。運送業の中にはあまり福利厚生がしっかりとされていないところもあります。改善されつつはありますが、特に重視している方は求人を探すときにチェックをしておいた方が良いです。
このように、求人の探し方次第で安心して働ける職場かどうかを見極めることができるので予めチェックしておくと安心できます。

次の記事へ

中古トラックなら上野自動車TOP

Copyright © 2004 - 2016 中古トラックの上野自動車㈱, All rights reserved.