中古トラック販売の上野自動車 TOPページ > コラム > 中古トラックで重要な走行距離の考え方

中古トラックで重要な走行距離の考え方

購入条件として重要な走行距離


車を購入することを考えた場合、さまざまな条件を考えていかなければいけません。そのひとつとして、重要な要素になってくるのが、走行距離になるでしょう。購入からいったいどれぐらいの距離を走ったのかということを示す数値であり、それだけ使ったということを表しています。中古トラックでも、十分に注目していくところとなるのは間違いありません。トラックであっても、機械であることにはかわりはなく、使えば使うだけ損耗していきます。走行距離をひとつの目安にしていくのも、この損耗が重要になってくるからです。
一般的な乗用車の場合、生産された時期よりも走行距離が重視され、5万kmを過ぎると一気に価格が落ちることがほとんどです。10万kmを超えると、買取も叩き値になるというのはよく知られたところでしょう。ですが、これは乗用車だからです。中古トラックの場合には、これが当てはまるとは限らないということを知っておかなければいけません。なぜ、当てはまらないのかといえば、寿命の設定の違いにあります。トラックは、商業使用を考え設計されている自動車です。
快適性よりも積載性や耐久度が重要であり、荷物を積んで長距離を走るのに耐えられなければいけません。そのため、エンジンも含めて複雑な機構を持たせ快適性をあげるよりも、整備性を高め耐久性をあげるという設計方針がとられます。5万kmを超えると、快適性が失われていくといったことは、そもそも設計思想にありません。寿命の設定も10年から15年というレベルに引き上げられています。モデルチェンジをしたからといって、古いタイプが急激に陳腐化するようなことも起きないのは、ライフサイクルの考え方の違いによるものかもしれません。そのかわりに、メンテナンスをしていくことが重要であることは間違いないでしょう。

大型や中型、小型の目安


中古トラックを含め、自動車というものは走行距離だけで状態をはかることはできません。ですが、ある程度の目安になり、パーツの交換なども考えていくことができる数値です。大型トラックだと、場合によっては100万kmを超えることも起きます。乗用車では考えられない数値です。70万kmあたりまではまだ使えるといったレベルになるでしょう。メンテナンスさえしてあれば、まだまだ現役で走り続けることができます。
実際に構造はエンジン部分やメンテナンス重視にされているからであり、エンジンも大きく積載を増やしても負担をかけずに済むように設計されているところがポイントです。もちろん、走行距離が伸びれば価格は下がっていくことになるため、ある程度走ったものを購入するということも考えられるところになるでしょう。小型や中型の場合、エンジンにそこまでの余裕はありません。ですが、構造的に丈夫であり、中型では50万kmでも問題なく走れる可能性があります。
ここでも需要になってくるのはメンテナンスです。小型で20万kmも走ると、実際にオイル漏れを起こすようなことも出てきます。これも、日々点検を見ていくことでカバーすることができますが、放置されっぱなしのようなトラックになれば、かなり不具合が出てくるでしょう。大型ほどは頑丈につくられておらず、エンジンにもボディにもそこまでの余裕がないということを考慮しておくと間違いのないトラックを見つけることができます。ただし、軽トラックのような場合には、もっと耐久度を低く見積もる必要があるでしょう。

メンテナンスが重要になる


走行距離を伸ばすということでは、機械は壊れるという考え方が重要です。トラックであっても、整備をしっかりとしていくということが、長い寿命を実現できるポイントになってくるでしょう。逆に言えば、どんなに優れた性能を持っていたとしても、整備がされていなければその力を発揮できないということになってきます。
トラックにも消耗品が存在し、交換していかなければいけません。そのためには、定期的なメンテナンスを繰り返すことが重要といえるでしょう。極端に言えば、ボディはそのままでエンジンを乗せ換えてしまうという選択肢も出てきますが、実例が少なくエンジン単体で高額がかかるといったことも出てくるため、メンテナンスを繰り返すほうがはるかに効率的で現実的です。費用を抑えられることもできるでしょう。
中古トラックを購入する場合には、走行距離も重要ですがしっかりとメンテナンスしているところで購入するということも必要です。メンテナンスができているところであれば、それだけ査定もしっかりとしています。良いトラックが見つかりやすく、きちんとメンテナンスされたトラックを見つけることができるでしょう。コストパフォーマンスを維持しながら、長く使うことができるトラックを見つけることができるはずです。
特装車両のように、一般とは違ったトラックも存在します。こうしたトラックは、一般の整備工場では手が付けられないことも出てくる点が重要です。走行距離は短くても、整備されていなければ意味がありません。安心して使っていくためにも、整備工場を持っていて知識も豊富なところを選ぶということが重要になってきます。

次の記事へ

中古トラックなら上野自動車TOP

Copyright © 2004 - 2016 中古トラックの上野自動車㈱, All rights reserved.