中古トラック販売の上野自動車 TOPページ > コラム > 高所作業車を中古で購入したい場合のポイントとは?

高所作業車を中古で購入したい場合のポイントとは?

働く車の中でも存在感が光るトラック


トラックにもたくさんの種類があり、道路を走っているトラックを見ていると、とても長いボディーを持っている平ボディーのトラックもあればクレーンのついた特殊作業の車もあります。冷凍の商品、冷凍肉などを運ぶ冷凍車があったり、移動販売車も見られたりします。またコンテナ専用車のアームロールや電気作業など高い場所の作業を行う高所作業車も見ることがあります。
街の中で工事しているところを見ても、たくさんの作業を行う車が動いていて、時に見たことがないような珍しい車が働いている姿も見かけます。こうした特殊トラックは複雑な構造を持っているものもあり、通常の車よりも扱いが難しいということもありますし、特殊な免許が必要な車もあります。ユニック車などは玉掛け等の資格がないと作業する事が出来ませんし、特に工事現場で稼働している車においては特殊な資格が必要な場合も多いです。トラックの種類は本当にたくさんあり、またこうした大型の車というのは、新車で購入すると非常に高いです。そのため、中古車を購入されることも多くなりますが、日本のトラックというのは非常に強くエンジンなどもいいので、海外などからも需要が高い状況にあります。
通常の中古車販売とは違い、トラックを専門に販売、買取、修理などを行う業者さんもあり、こうした専門業者には多くのトラックが集まっており、非常に種類が多いという特徴があります。トラックがほしいけれども、新車を購入するには費用がかかりすぎると思うなら、中古車を選択しても、十分いいものがあるでしょう。中でも高所作業車というのは、非常に高額になり新車で購入するにはとても追いつかないという業者さんも多いです。ではこの高いところで作業をするときに利用する高所作業車という車はどういう車なのか、理解しておきましょう。

高所作業車はどういう用途で動く車なのか


電気工事の現場や、様々な場所で見ることがある高所用の作業を行う車は、箱が付いていて、その箱が高いところに行けるようにリフトが長く伸びるようになっているものもあります。また、シザースリフトと呼ばれる種類などは、上方向に安全に到着できるような工夫がされています。
こうした高所作業車は中古で購入されることが多いのですが、非常に幅広い用途があります。例えば、ビルの窓ガラスを拭く清掃の仕事をするとき、高い所で安全に作業することを考えると、こうした特殊車両を利用する方が安心です。看板や広告、道路標示の設置や破損したものを修理するというときにも、高い場所で作業することがあり、この場合も利用があります。
外壁や屋根などの塗装工事を行う場合も活躍します。外壁や屋根などは劣化する部分ですので、防水工事や外壁塗装を定期的に行うことで、住宅を守ることになりますし、ビルなども劣化防止や防水のために塗装を行う必要があり、この際、高所作業車を利用する事が多いです。電気工事で配管工事などが必要な時、高いところでも安全に作業ができますし、体育館やトンネルなどの照明球交換を行う際にも、高さに応じた車があるので交換や修理などに利用されています。
様々な場所で活躍する車となりますが、この車を操作するためには資格が必要です。作業員の方々はこうした特殊車両の操作資格を取得し、高いところでも安全に利用できるようにノウハウを理解し、安全作業に勤めています。街路樹のメンテナンスなどにも利用されることが多くなっていますが、最近は自然災害なども多くなっているので、活躍の場面が広がっている状況にあります。

中古車にも新しいタイプが続々登場している


現代の高所作業車は、非常に優れた機能を持っていて、現在中古車の中にも新しい機能を持っている車が少しずつ多くなってきています。安全面を考慮した車が多くなり、高所で作業する特殊な車ということで、特に安全性と、高いところでも安心して利用できる特徴を備えています。業者さんにも違いがありますが、中古トラックでも日本製を扱っているというトラック専門中古車業者さんのように、日本製のトラックにこだわって買取を行い中古車として販売しているところもありますので、安心して利用できるということもあります。
いまの高所作業車は、バケットを常に水平にキープできる機能や、作業範囲が危険範囲を超えると自動停止するというコンピューター制御なども取り入れられています。またより簡単に操作できることで、操作の間違いを減らすことも最近のこうした特殊車両に多く見られるようになってきています。上、下部分の2カ所で操作ができるため、より操作が楽になったこともありますし、上下、左右、伸縮という作業を十字レバーで楽にできるように操作性も非常に高くなっています。舗装されていない場所で安定して作業ができるようにアウトリガーをはりだして作業することも可能で、より高い安全性を誇る車となっています。
そのほか、バケットが対象物に合わせて200度まで回転させることもでき、積載量も200kgとかなりの重量を乗せることができるので、作業の効率も高くなっています。トラック式の場合、別途トレーラーを準備するということもなく、コストを低くできるということもあり、非常に優れた機能を持っている車が多くなっているのです。

次の記事へ

中古トラックなら上野自動車TOP

Copyright © 2004 - 2016 中古トラックの上野自動車㈱, All rights reserved.