大型免許の視力基準|深視力が必要な理由・検査で失敗しないコツも

大型免許は、車両総重量11トン以上のトラックを運転する際に必要な免許です。大型免許を取得する場合は、普通自動車免許と同様に視力検査が実施されます。大型免許を取得する際は、「通常の視力だけでなく深視力も必要となる」と聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

この記事では、大型免許の取得に必要な視力の基準・深視力が必要な理由を紹介します。また、深視力検査で失敗しない方法・深視力検査で不合格になった場合の対処法も解説するため、大型免許の取得を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

1.大型免許取得に必要な視力の基準とは?

大型免許を取得するためには、通常の視力検査と深視力検査のどちらにも合格する必要があります。通常の視力検査は、アルファベットの「C」のような「ランドルト環」と呼ばれる記号を用いた視力検査です。

深視力の検査方法には、「三桿法(さんかんほう)」が用いられます。深視力検査は、大型免許の取得時以外に、中型免許・準中型免許の取得時などに実施されます。

三桿法は、「物体を立体的に捉える力」「正常な遠近感」を測定する視力検査です。三桿法では、3本ある棒のうち真ん中の1本が奥から手前へ動いてくるため、すべての棒が1列に並んだタイミングでスイッチを押して棒の動きを止めます。棒の位置の誤差から深視力を測定します。

下記は、通常の視力検査と深視力検査の合格基準値をまとめた表です。

検査種類 合格基準値
通常の視力検査片目の視力:0.5以上あること
両目の視力:0.8以上あること
深視力検査測定を3回行い、棒の位置の誤差が平均2cm以下であること

なお、普通自動車免許における通常の視力検査の合格基準値は、片目の視力が0.3以上かつ両目の視力が0.7以上です。そのため、大型免許における通常の視力の合格基準値は、普通自動車免許よりも厳しい条件といえます。

以下では、大型免許の取得に深視力が必要となる理由を解説します。

1-1.大型免許取得に深視力が必要な理由

普通自動車免許では実施されない、深視力検査が大型免許の取得時に行われる理由は、深視力がなければ事故を起こす可能性が高くなるためです。

大型トラックは、内輪差が大きい・ミラーを使った後方確認が難しいなど、運転する際に障害となる項目が多くあります。また、車幅が大きいため車線をはみ出しやすい・駐車に時間がかかるなど、周囲の自動車に迷惑をかける恐れもあります。

そのため大型トラックを運転する際には、物体を正確に捉える力・正確な遠近感が不可欠です。大型トラックは普通自動車と比べて車体が大きいため、1つの危険な走行で重大な事故につながることも少なくありません。

実際に、令和2年におけるトラックが関連した死亡事故のうち、大型トラックによる死亡事故がもっとも多い件数となっています。

出典:公益社団法人全日本トラック協会「トラックの重大事故にかかる統計データ」

大型トラックの運転手には、「危険運転をしない」「危険を事前に察知する」などが必要となるため、大型免許の取得に深視力が条件として加えられています。

2.深視力検査で失敗しないためには?

大型免許の取得で通常の視力検査は通過する人が多いものの、深視力検査で合格基準値に達しない人は少なくありません。なぜなら、通常の視力が良くても深視力が良いとは限らないためです。また、深視力検査の検査方法になじみがないことも、合格基準値に達しない人が出る理由の1つです。

ここからは、深視力検査で失敗しない方法を3つ紹介します。

2-1.眼科などで深視力検査の練習をする

深視力検査が初めての人・自信がない人は、眼科で深視力検査の練習をすることがおすすめです。また、一部のメガネ店でも三桿法による検査を受けることが可能です。

ただし、深視力検査を受ける際は眼科・メガネ店によって異なるものの、1,000円前後の料金がかかります。また、メガネ店によっては深視力検査を受けられるのはメガネを作る場合に限られます。

深視力検査の練習は眼科・メガネ店だけでなく、自宅で行うことも可能です。自宅で行う深視力検査は簡易的になりますが、遠近感を養うことができます。

たとえば、テーブルから2~3m離れた位置に座り、テーブルの上に置いている物の距離感を推測することで、遠近感を養うトレーニングになります。身近な物と物の距離を常に意識しながら生活を送ることも、深視力を鍛えることにつながるでしょう。

2-2.前日はしっかりと目・体を休める

視力と深視力は体調に影響するため、深視力検査の前日は目・体を休めることが大切です。

目を休める際は、ホットアイマスクを着けたり、目元のストレッチをしたりすることが有効です。下記では、目元のストレッチの一例を紹介します。

(1) 眉毛の下のくぼみを親指などで15回程度押しほぐす
(2) 鼻の付け根を人差し指と親指で挟み、上下に10回程度押す
(3) 手のひらを使って、こめかみを10回程度押しほぐす
(4) 下まぶたのくぼみ部分を人差し指などで、やさしく10回程度押しほぐす

目元のストレッチをするタイミングは、血行が良くなっているお風呂上りがおすすめです。

また、スマホ・パソコンからはブルーライトが発せられているため、深視力検査前日には長時間使用することを控えましょう。眼精疲労の影響から、目のかすみにつながる可能性があります。

深視力検査の前日は早めに就寝し、目・体ともに疲れがない状態で視力を測定できるように準備してください。

2-3.度数の合ったメガネ・コンタクトを着用する

メガネ・コンタクトの度数が合っていないと、通常の視力検査や深視力検査を合格することは難しくなります。また、度数の合っていないメガネ・コンタクトを着け続けた場合、乱視・遠視・近視の症状が悪化したり、頭痛・肩こりに悩まされたりする恐れがあります。

そのため、大型免許を取得する段階で度数の合ったメガネ・コンタクトを準備しましょう。適正な度数のメガネ・コンタクトを着けることは、万が一の交通事故を防ぐことにもつながります。

3.大型免許取得時の深視力検査で不合格になった場合は?

視力は体調に左右されるため、目の深視力を鍛えたり、度数の合ったメガネ・コンタクトを準備したりした場合であっても、深視力検査で不合格になる可能性があります。ただし、深視力検査で不合格になったからといって、大型免許の取得ができないわけではありません。

深視力検査で不合格になった場合は、下記の措置を取ることが可能です。

  • 時間を空けて再検査をする
  • 後日再び検査を受ける

深視力検査で不合格になった場合は、当日もしくは後日に再検査を受けることが可能です。当日に時間を空けて再検査を受ける場合は、スマホを極力チェックせず、遠くを眺めるなどして目を休めることがおすすめです。

後日再び検査を受ける場合は、深視力検査の練習をすることも有効ですが、メガネ・コンタクトの度数をもう一度調整しましょう。

大型免許を取得できたとしても、見え方に違和感がある場合は、事故を起こす前に眼科で診察を受けることが大切です。定期的に眼科に通うことが難しい場合は、レーシック手術を受け、視力を回復させる方法もあります。大型トラックを運転する人は特に目の健康には配慮するようにしてください。

まとめ

大型免許の取得時には、「ランドルト環」と呼ばれる記号を使った通常の視力検査と、三桿法を使って遠近感などを測定する深視力検査を行います。大型免許の取得に深視力が必要となる理由は、正確な遠近感がなければ事故を引き起こす可能性が高くなるためです。

深視力検査を受ける際は、「深視力検査の練習をする」「前日は目・体を休める」「度数の合ったメガネ・コンタクトを着用する」など、失敗しない対策を取りましょう。深視力検査で不合格になった場合は、当日もしくは後日に再検査を受けることができます。目を休める・眼科で診察をするなどの方法が有効です。

次の記事へ