トラックのリースはお得?メリットやデメリット・向いているケースも

運送業を営む事業者にとって、トラックは必要不可欠な商売道具です。トラックを入手する方法には、「リース」「レンタル」「購入」があります。しかし、それぞれの方法の違いや特徴が分からない方、自社に合うトラックの入手方法が分からない方もいるのではないでしょうか。

当記事では、トラックを活用する多くの事業者が利用するリース契約について、概要からメリット・デメリット、料金相場、リースがおすすめであるケースまでを解説します。

トラックの入手・運用には大きなコストが必要となります。最適な入手方法を選んで、コストを抑えつつ状態の良いトラックでビジネスを行いたい事業者の方は、ぜひ参考にしてください。

1.トラックのリースとは?

リースとは、リース会社に毎月一定の利用料金を支払い、機械・車両・設備などを借りることができるサービスです。

業務用トラックのリースを行っているリース会社も多く存在しており、目的・用途に合わせて様々な種類のトラックを借りることができます。

トラックのリースは2種類あるため、それぞれの特性を理解した上で利用することが重要です。以下では、トラックのリースの種類について解説します。

1-1.トラックにおけるリースの種類2つ

トラックのリースには、「ファイナンスリース」「メンテナンスリース」の2種類があります。それぞれのリースの特徴は、下記のとおりです。

〇ファイナンスリース

ファイナンスリースは、トラックの利用料金・自動車税・車両調達料金・自動車保険が含まれているリース契約です。最低限の料金を支払うリース契約であるため、月額料金を抑えてトラックを利用できます。

〇メンテナンスリース

メンテナンスリースは、ファイナンスリースの内容に加えて、車検・点検・整備・修理といったメンテナンスが含まれるリース契約のことです。トラックの維持管理に必要な支払い・メンテナンスがすべて含まれているため、ファイナンスリースに比べて、月々の費用はやや高くなります。

ファイナンスリースよりも内容を充実させたリース契約が、メンテナンスリースです。ファイナンスリースに比べてコストはかかるものの、車検や整備などの料金も含まれているため、突発的な支出を防ぎたい方はメンテナンスリースが無難な選択となります。

1-2.リースとレンタルの違い

リースとよく似たシステムには、レンタルがあります。どちらもトラックを借りるという点では共通しているものの、下記のような違いがあるため把握しておきましょう。

リースとレンタルの違い
契約の種類 リース レンタル
使用期間 長期間(数ヶ月単位~年単位)短期間(数時間単位・1日単位)
利用料金 条件や信用度による誰もが同じ金額
延長料金 割安割高
解約 中途解約は違約金が発生比較的容易に解約可能
カスタマイズ 中契約の範囲内で可能原則不可
事故破損時の修理費用 利用者自己負担原則レンタル会社が負担
(レンタル条件による)
サービス対象 事業者向け個人向け

リースは長期間使用することを前提としたサービスであるため、事業者向けであると言えます。レンタルは時間単位で利用できる特徴があり、引っ越しなどで短時間だけトラックを利用したい方に向けのサービスです。

リースとレンタル、どちらが自社に合うか比べたい場合は、トラックの使用期間から判断すると良いでしょう。

2.トラックのリースにかかる料金相場

トラックのリースを検討している方は、リース料金の相場について知りたいのではないでしょうか。主なトラックの月額リース料金は、下記のとおりです。

トラックのリース料金の目安(未使用車・メンテナンスリースを想定)
車種 月額リース料金(税抜価格)
アルミバン小型(積載量2t) 約15万円
アルミバン中型(積載量2.8t) 約18万円
アルミバン大型(積載量14t) 約35万円
冷凍バン小型(積載量2t) 約20万円
冷凍バン中型(積載量3t) 約25万円
冷凍バン大型(積載量13t) 約40万円
ダンプ小型(積載量3t) 約12万円
ダンプ中型(積載量4t) 約15万円
ダンプ大型(積載量9t) 約35万円

月額リース料金は、新車・新古車など使用状況などによって左右されるため、上記の金額より上下する可能性があります。

基本的に、トラックの積載量が多くなるほど、リース料金は高くなります。また、荷台部分に冷凍庫などの特殊な設備が設置されている場合もリース料金は高くなる傾向です。

リースの種類・トラックの大きさなどによって月額のリース料金は異なるため、リースでトラックを使用したい場合は、複数社に見積もりを依頼しましょう。

3.トラックをリースするメリット・デメリット

トラックのリースは、自社に合うトラックを長期間利用できる便利でお得なサービスです。しかし、トラックのリースにおけるメリット・デメリットを知らないまま利用すると、損をする恐れがあります。

ここでは、トラックのリースのメリット・デメリットについて解説します。

3-1.メリット

トラックのリースを利用するメリットは、下記の3つです。

〇月々にかかる費用が定額である

トラックリースの料金は毎月定額であるため、資金計画を立てやすいことが大きなメリットです。車両利用料金・自動車税・自動車保険・メンテナンス料金などがすべて含まれているメンテナンスリースを選べば、急な出費への対処や煩雑な手続きを省くことができます。

〇節税ができる

トラックリースの料金は、全額経費として計上することができます。トラックの月額リース料金は、車種によるものの20万円前後かかるため、高い節税効果が見込めるでしょう。

〇新車購入より簡単に契約できる

トラックを購入する際には多額の資金が必要であり、一般的には銀行からの借り入れやオートローンを利用することになるため、審査や担保が必要となります。

トラックリースであれば担保不要で審査が通りやすく、新車・中古車を購入するよりも簡単に契約できることがメリットです。

トラックのリースは資金計画が立てやすく事務・経理をシンプル化できるなど、多くのメリットがあります。節税効果が高いことも事業者にとっては嬉しいポイントです。

契約のハードルも低いため、急にトラックが必要となった場合や一定期間利用する車両が欲しい場合の車両調達手段として、非常に利便性が高いサービスと言えます。

3-2.デメリット

続いて、トラックをリースするデメリットについて解説します。

〇カスタマイズに制限がある

リースしたトラックの所有権はリース会社にあります。そのため、契約者は会社ロゴを入れるなど契約で認められた項目を除き、自由なカスタマイズができないことがほとんどです。

〇途中解約すると違約金が発生する

リース契約は、期間を定めてトラックを借りる契約です。原則として契約締結後はキャンセルができず、期間満了前に途中解約すると違約金が発生します。そのため、トラックの利用期間を見積もり、リースでトラックを使用するか検討することが大切です。

〇支払い続けても自社のトラックにならない

リース契約はトラックをローンで購入するわけではないため、契約期間満了まで支払いを継続しても自社の所有車にはなりません。ただし、契約時に設定した車両残価を契約満了時に支払うことで、使用していたトラックを買い取ることが可能です。

リース契約は使い勝手が良い反面、上記のような制限・デメリットがあります。トラックを使用する期間によっては、デメリットのほうが目立ってしまうケースもあるため、リースにこだわらずレンタルや新車・中古車の購入も検討することが重要です。

4.トラックのリースが向いているケース|購入したほうがいいケースも

トラックを入手する方法は、リースか購入の2パターンです。リースが向いているケースもあれば、購入が向いているケースもあるため、一概にどちらが良いかは言い切れません。

下記では、トラックのリースが向いているケースと購入が向いているケースをそれぞれ解説します。

〇トラックのリースが適しているケース

  • 突発的な需要などすぐにでもトラックを用意したい場合
  • 半年・1年など限られた期間でトラックを使用したい場合
  • トラック導入の初期コストを抑えたい場合

リース契約は、毎月一定額のコストでトラックを使用できる点とスピーディーに車両を入手できる点が大きな特徴です。事業立ち上げ初期でコストを抑えたい場合や、突発的にトラックを増車する必要がある場合などには、リースでトラックを入手する方法が適しているでしょう。

〇トラックを購入したほうが良いケース

  • 数年単位といった長期間使い続ける場合
  • 資金に余裕があり、一括購入もしくは数年のローンでトラックを購入できる場合
  • 自動車保険を自由に選びたい場合
  • 自社のニーズに合わせたカスタマイズをしたい場合

自社専用のトラックを保有したい場合などは、リースではなく購入したほうが良いケースです。また、リースの場合は月額リース料金を延々と支払う必要があるため、十年以上の長期的な年月で見ると、新車または中古車を購入したほうが安くなる場合も少なくありません。

まとめ

毎月定額の料金を支払うことで、トラックを使用できる点がリースの魅力です。しかし、トラックのリースはメリット・デメリットの両方があるため、契約を結ぶ前にリースの特性などを理解する必要があります。

トラックをリースで入手するか、購入するかを迷う場合は、トラックの使用用途や使用期間などを自社の業務都合と照らし合わせて判断しましょう。また、リース契約の内容はリース会社によって異なるため、リースでトラックを利用する際には、契約内容を慎重に精査することが大切です。

次の記事へ